よくある経営課題

法人であれば、事業者指定申請ができ、施設事業ではないので初期投資が比較的少額なので新規参入しやすい訪問看護ビジネス。とはいえ、気軽に参入してしまうと、思わぬ障壁を乗り越えることが出来ずに失敗する可能性もあります。

訪問看護サポートセンターでは、訪問看護ビジネスにおいてよくある経営上の課題を事前に十分にご説明し、それに対しての解決策の提示・具体的な指導まで行っています。参入に当たっては、特に以下の点について理解し、対策を立てておくことが必要です。

1. 看護師の確保

異業種から訪問看護ビジネスに参入する場合の懸念点は、“看護師確保”という問題です。

  • 効果的な募集ノウハウがないので、募集をしてもなかなか看護師を採用できない。
  • 何とか看護師を採用することに成功しても定着せずにすぐ辞めてしまう。

原因・問題点

異業種参入された場合によくあるのは、看護師の想いを汲み取り理解していないことや、雑務に追われて本来の患者様ケアに集中する時間を確保できないことなど、様々な運営・管理上の問題から看護師の皆さんの意欲を削いでしまい、せっかく採用した方が定着しないという負のサイクルに陥るケースです。医療法人が訪問看護に参入した場合のような、院内の看護師との給与や待遇格差による離職とはまた違うものになります。


訪問看護ステーションの開業支援

看護師マーケットや地域に見合った給与や待遇・条件をアドバイスし、同時に採用方法や反応の出やすい募集広告の訴求ポイントなど細かな点まで具体的に相談に乗らせて頂きます。また、開業準備段階から看護師の仕事観のリセットや、経営者側の看護師の仕事観の理解促進のための情報提供などを行います。異業種の経営者様の持つ経営感覚と、医療業界の看護師が持つ仕事に対しての熱意をうまく連携させることで、よりよい訪問看護ビジネスの形を築きます。


2. 利用者の獲得

医療・介護業界に関する知識がないことから、利用者獲得のための営業ノウハウが不足するという問題にも直面します。

  • 利用者獲得のために、どこに営業したらよいかわからない。
  • 利用者獲得のための適切なアプローチ方法がわからず、信頼獲得に至らない。

原因・問題点

異業種参入された場合、医療・介護業界の仕組みや関係性などが分からず、商圏の中には訪問看護を利用したい人はたくさんいるのに、訪問看護利用者数が伸び悩んでしまい、なかなか事業が軌道に乗らないという結果に至る場合がよく見られます。訪問看護利用にあたっては、利用者本人だけへの宣伝広告だけではなく、地域内の医療・介護ビジネス関係者とのネットワークが大切です。このネットワーク作りがもっとも早期立ち上げの近道でもあります。少人数の看護師同士でステーションを立ち上げられる場合も多いのですが、このような営業ノウハウの欠如が大きな障壁になっている場合が多いのが実態です。


訪問看護ステーションの開業支援

何よりも利用者獲得が売り上げ拡大には必要です。訪問看護サポートセンターは、最も効率的で効果的な地域の医療・介護ネットワークへの営業支援を行っています。机上の空論に終わってしまう研修型ではなく、実際に営業に当たるべきアプローチ先の選定や利用者の紹介を実際に行う事も可能です。本当に成果を出すことができるよう積極的にスタートアップをサポートしています。営業に強い訪問看護ステーションの育成に力を注いでいます。


高齢者住宅仲介サイトからの利用者紹介

当社では医療機関やケアマネージャーを始め看護・介護関係者とのネットワークを構築しており、全国から利用希望者をご紹介することができます。また高齢者向け住宅などの介護施設紹介サイト「ウチシルベ」の北摂地域の相談窓口は弊社が担当していますので、条件が合う利用希望者を積極的にご紹介することが可能です。